DHAとEPA

みなさんはDHAやEPAといった言葉をご存知でしょうか?

健康ブームの近年になり以前よりは耳にする機会が増えたのではないかと思いますが、 これらについて詳しくご存じの方は中々いないかもしれませんね。

DHAとは正式名をドコサヘキサエン酸といい、EPAはエイコサペンタエン酸と言います。

どちらも人間が生きていくにあたって必ず必要な必須脂肪酸の一つです。

しかし、これらの栄養成分は人間の身体の中で作ることが出来ません。

ですから食事などによって摂取をしなければならないのですね。

青魚に多く含有

DHAやEPAは魚類で、特に青魚に多く含まれています。

青魚とは例えばイワシやサバ、そしてサンマなど背中の青い魚のことを指します。

私たち日本人は古くから魚を食べる習慣がありますので、 ほとんどのDHA・EPAを魚から摂取してきたのです。

しかし、近年は食生活・食文化ががらりと変わってきていて、 いわゆる食の欧米化により肉中心の食事が増えてきています。

このことにより魚を食べる回数が減り、以前よりもこれらの栄養素を 効率的に摂取することが出来なくなっているのが現状です。

みなさんはしっかりと青魚を食べてこれらの栄養成分を摂取していますか?

世界中で研究

DHAやEPAについては学説として、食文化からEPAを多く摂取しているグリーンランドに住む イヌイットは脳血栓や心筋梗塞にならないだとか、 日本人の子供の知能が高いのはDHAの豊富な魚をよく食べているからだといったものが発表され、 それ以来DHA・EPAには注目が集まり世界中で研究されるようになりました。

研究は現在でも続けられています。

不飽和脂肪酸

ではこれら二つの成分についてですが先程必須脂肪酸の一つと記述しましたが、 どちらも青魚の脂肪に含まれる不飽和脂肪酸です。

その作用には優れたものが多いですが、共通する部分もありますので、 違いについて特に気にして摂取しなくてはならないというものではないと言えます。

どちらも人間の健康を維持するという重要な働きをしてくれます。