飽和脂肪酸とは

脂肪というものは大きく分けて飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つに分類されます。

飽和脂肪酸とは動物性の脂分やバター、ラードなどに含まれている脂質で、 エネルギー源として必要となることもありますが、現在では摂り過ぎが問題視されています。

飽和脂肪酸のほとんどが悪玉の脂肪なので避ける必要があるとされていますね。

不飽和脂肪酸とは

それに対し、不飽和脂肪酸とは植物や魚に多く含まれている脂質で、 近年問題になっているメタボな状態を改善するなどという効果が期待できます。

このように一般的に身体に良い影響を与える脂質とされている脂質分ですが、 これらの中には生体反応において欠かせない栄養成分であるにも関わらず、 人間の体内で生成することが出来ないものが存在します。

そのため、食事からの摂取が必要で、それらを必須脂肪酸と呼んでいます。

一価と多価不飽和脂肪酸

こちらは大きく一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸の2種類に分けることが出来ます。

ではそれぞれの特徴を挙げてみますね。

まずオリーブオイルに多く含まれるオレイン酸が代表的な一価脂肪酸ですが、 こちらを飽和脂肪酸の代わりに摂取すると、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減少させ、 逆に動脈硬化の防止に役立つ善玉コレステロールは残すという働きを持っています。

多価脂肪酸の一部は中性脂肪を減らし善玉コレステロールを 増加させるといった効果を持つなどの様々な効果があります。

他にも有益な効果がありますので、気になった方はチェックしてみて下さいね。