グルコサミンの効果と効能

グルコサミン

動物の皮膚や軟骨、甲殻類だと殻に含まれているムコ多糖類のひとつで、 軟骨細胞を形成する成分としても知られています。

 

ムコ多糖類というのは保水性に優れている物質で、 ヒアルロン酸やコンドロイチンも同じムコ多糖類です。

減少すると

骨と骨の間にグルコサミンがあることで、 これがクッションの役割を果たし、いろんな衝撃を吸収してくれます。

 

つまり、立ったり座ったり、歩いたり、 飛び跳ねたりというような行動をしても、 骨同士がぶつからずに痛みを感じることがないのです。

 

逆に言うと、グルコサミンが減少してしまうと、 毎日の行動に支障が出てしまうということになります。

 

グルコサミンというのは、 人間の体内にあるタンパク質と一緒になって働いているものですが、 年齢を重ねていくと少しずつ失われていってしまうものです。

働き

グルコサミンの働きは、まず加齢や外傷などでダメージを 受けた軟骨や皮膚を再生させることです。

 

グルコサミンを摂取すると、それが軟骨に吸収されて、 すり減ってしまった軟骨を修復して再生してくれるのです。

血管を補強

また、血管細胞の表面や結合している部分にもグルコサミンは重要です。

 

血管を補強して弾力を保つ役割をしているので、 グルコサミンが足りていれば動脈硬化など血管による病気になることを防げます。

 

血流に対しては血行促進作用があるので、 ドロドロになってしまった血液でも流れを良くして、 心筋梗塞や脳梗塞を防ぐ効果もあります。

ムコ多糖類

ヒアルロン酸と同じ働きを持つムコ多糖類なので、当然美肌効果もあります。

 

水分を蓄える性質を持っているので、 保湿力が高くなり肌の弾力を保つには欠かせない成分です。

 

このように、グルコサミンにはさまざまな健康効果や美容効果を望むことが出来ます。

キチン質

グルコサミンがたくさん含まれているのは。

 

甲殻類の殻を構成しているキチン質というものです。

 

ただし、キチン質はそのまま摂ったとしても、体に吸収されません。

 

キチン質を分解して体に吸収しやすく加工されたものが、グルコサミンの健康食品です。

グルコサミン記事一覧

グルコサミンとは?

テレビコマーシャルなどでも見かけることが多い「グルコサミン」ですが、 これは体内にある軟骨を構成する プロテオグルカンの種類の一つでムコ多糖類です。プロテオグルカンの中で、糖とアミノ酸が結合したアミノ糖類で、 カニやエビのような甲殻類の殻を形成しているキチン質でもあります。

≫続きを読む

グルコサミンの症状別効果

骨と骨の間には、クッションの役割をする軟骨というものがありますが、 これを形成しているのがコンドロイチンです。そして、お肌の潤いを保つために水分を 貯め込む役割をしているのがヒアルロン酸です。この2つの成分を生成しているのがグルコサミンで、 グルコサミンの生成が減少すると、軟骨が不足して関節痛が起こ...

≫続きを読む

グルコサミンの上手な摂取方法

いろんな健康効果や美容効果があるグルコサミンですが、 この成分がたっぷり含まれているのはカニやエビのような甲殻類の殻です。単純に言ってしまえば、カニやエビの殻をたくさん食べていれば、 グルコサミンを摂取することが出来ます。しかし、カニやエビの殻で、 1日に必要なグルコサミンの摂取量を摂ろうとしても、...

≫続きを読む